スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『麺や 紡(つむぐ)』こんな場所にこんな実力ラーメン店が!?@東大阪市小阪

画像 008

地元のフリーペーパーを見ていると、地元近くで知らないラーメン屋さんの情報がありました。
100円OFFのクーポンがついていたので、何も期待せず何も調べず仕事帰りにふらっと寄ってきました。
東大阪市にある『麺や 紡(つむぐ)』さんです。
画像 014

近鉄奈良線の小阪駅を下車し、北に歩くこと10分少々。住宅街のなかにお店はあります。
産業道路にある珈琲市場から北に200mくらい歩いたところにありました。
こちらのお店は自家製麺で、スープにもかなりこだわってらっしゃるようです。期待できそう?
画像 012

店内はカウンター7席と、テーブルが2席ほど。こじんまりとした店内ですがまだ新しいようです。

画像 002 画像 003

ラーメンは「淡成らー麺(あっさり)」か「熟成らー麺(こってり)」の2種。
こってりを注文したつもりでしたが、間違えて「淡成らー麺(あっさり)」550円を注文していました。
あとチャーシュー丼400円も注文!

画像 009

ほどなくして、「淡成らー麺(あっさり)」が来ました。
あっさりということなので、あまり期待していませんでしたがスープを一口頂いてびっくりしました。
確かにあっさりはしているものの、すごいコクと旨みがあります。
鶏がらと数種の香味野菜をじっくり煮込んでいるようですが、むちゃむちゃうまい。
メンマもほどよい食感でいいメンマつかってます。
麺は中太のストレート麺。見た目はそばと見間違うような感じですが、これも自家製麺とのこと。
もちもちっとした食感がいい感じです。

続いてチャーシュー丼もきました。画像 010
ラーメン屋さんの丼ものってしょぼいものが多いんですが、ちゃんとしたチャーシューがどーんと乗っていてごはんもちゃんとした量がありました。
チャーシューはほどよくとろとろで旨い!おなかいっぱいになりました。

■はっきりいってまったく期待していなかったんですが、いい意味で裏切られました。
550円という良心価格で提供されるラーメンはスープも麺もこだわりとセンスのよさを感じる出来栄え。
私の味覚がおかしくなければ、かなりレベル高いです。
今度はもうひとつの「熟成らー麺」をいただかなくてはなりません。

今はまだ認知されていないですが、人気店になりそうな予感・・・
いや場所が場所だけに大丈夫かな?

■麺や 紡~つむぐ~
住所:大阪府東大阪市西堤学園町1-6-5
アクセス:近鉄奈良線「河内小阪駅」から徒歩10分
TEL :06-6720-9287
営業時間 :11:00~14:30、18:00~22:30
定休日:日曜日



大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 東大阪・八尾

『麺匠 味富久(みふく)』-ラーメン@天王寺・阿倍野 

画像 013

天王寺でおいしいラーメンが食べたいっ!
そう思ったんですが、天王寺界隈ってすぐに思いつくラーメン屋さんがないんです。
ただ単に私の情報不足だと思いますが^^;

天王寺で食べるラーメンとなると・・・
アベ地下の古譚(こたん)か、熊五郎かチャーシューライスの旨い「極」くらいしか思いつきません。
そういえば、アベノHOOPのすぐ近くに一度行ったラーメン屋さんを思い出しました。

『麺匠 味富久(みふく)』さんです。
画像 001
喜多方ラーメンが隣にあり2件のラーメン屋が並んでいます^^;

平日の夜9時過ぎに訪問しました。
店内はカウンター席主体で、2階にも席があり1階がいっぱいだったようで2階に案内されました。
画像 011

私たちがカウンターに座ってからもどんどんお客さんが入ってきます。
飲んだあとの〆のラーメンでしょうか?

さてメニューを確認。頑張ってすべて写真とりました^^;
画像 002 画像 003
画像 004 画像 005
画像 006 画像 007
画像 008 画像 009
↑クリックで大きくなります。

今回は私たちも〆のラーメンだったので、一番基本メニューと思われる『浪速流 豚骨329ラーメン』650円を注文!
セットメニューも充実してます。

しばらくして、ラーメンが来ました。
画像 012
おぉー なかなか旨そうです。
トッピングはねぎ、きくらげ、チャーシュー

スープを一口いただきます。
以外とあっさり目の豚骨スープでコクがありおいしい。濃すぎることもなくシャバシャバでもなくちょうどいい感じです。
麺は固めでお願いしました。
細いストレート麺でスープとよく絡んで旨かったです。
チャーシューも薄めのものが1枚だけですが、トロトロで旨いです。
画像 014

目の前にこんなものがありました。
ガーリックチップを激しく投入したかったんですが、明日も仕事なのでガマンガマン。
イカ天かすを投入し、少し違った味を楽しみました。
画像 010

おなかいっぱいだったんですが、すんなりおなかに入りました。
〆のラーメンには最高ですね。

■あべのHOOPのすぐ隣にあるお店です。
セットメニューも充実してますし、〆のラーメン屋さんとしても使えます。
カウンター主体なので一人でも気軽に入れます。
天王寺では貴重なお店です。

■麺匠 味冨久(めんしょう みふく) あべの店
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目2-20
電話番号:06-6626-6669
営業時間:11:00~翌5:00(LO.4:00)
定休日:無休


ルミナリエです。ウソです(笑)あべのHOOPのイルミネーションです。
かなり綺麗なので、写真とりました。
いいですねぇ~

DSCN0659.jpg

DSCN0677.jpg

DSCN0678.jpg

あぁー 癒されます。3枚目がお気に入りです。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

タグ : 天王寺・阿倍野・寺田町・鶴橋

『COMUSO(コムソ)』-平日のお得なイタリアンディナー@天王寺

平日の月曜~木曜の夜限定のお得なディナーコースのある『COMUSO(コムソ)』に行ってきました!

DSCN0660.jpg

じつは最初は違うお店に行く予定だったんですが、同行者のわがまま(笑)でこちらのお店になりました。
予約していなかったのですが、電話して確認みるとOKとのことでした。よかったー

天王寺の駅から歩くこと10分ちょっと。ちと微妙な場所にあります。
COMUSO(コムソ)は『 in my life~徒然なるままに食べ歩記♪~ 』さんのブログとかで頻繁に出てきていたので、気になるお店だったのですがようやく初訪問となりました。

DSCN0661.jpg
今日のお目当てのコースはこれ!
なんと税込2,835円でコースが頂けるようです。

DSCN0667.jpg
店内はシックでおしゃれな感じ。
ゆったりしたスロウな空気が流れています。
カウンター席が7席ほどと、テーブル席×5ほどでした。
デートにも使いたい雰囲気です。

DSCN0662.jpg DSCN0664.jpg
メニューは平日限定のコースの他にもいくつかのコースがあり、5000円位まであります。
もちろん今回は2,700円のコースを注文!

このコースの内容は、
・本日の付きだし
・前菜が2つ
・本日のパスタ
・本日のメイン
・本日のドルチェ
・パン
・ドリンク


と言った内容。パスタやメインは選べませんが苦手な食材は聞いてくれました。

DSCN0668.jpg
まずはビールでぷはーっ。。

DSCN0670.jpg
まず最初に来たのは、「じゃがいものスープ」かなり量が少ないように見えますが、違います。
器が異様にデカイです(笑)量は普通にありました。
ほっこりできてうまい。
注:料理の名前は適当です。

DSCN0672.jpg
次に来たのは「さんまのカルパッチョ」です。
さんまの臭みもなく。さっぱりウマー

DSCN0673.jpg
次は前菜2皿目「蝦夷鹿肉と豆」です。鹿肉は久しぶりに食べましたがあっさりして臭みありませんでした。
さすがに量は上品ですかね
しかし手際よくどんどん料理が来ます(笑)

DSCN0675.jpg
パンも来ました。
自家製のパンでほかほかに温めてくれてました。
3種あったのですが、特にフォカッチャがもちもちでうまいー
おかわりも頂きました。

店内は女性グループやカップル。少し年配のカップルなど多様なお客さんでほぼ満員でした。
またホール担当のおにいさんが、常連さん達?と冗談を交えながら談笑していました。
料理の説明もきちんとしてくれました。

DSCN0674.jpg
本日のパスタが来ました。
トマトソースベースのシンプルなパスタですが、湯で加減といい味付けといいかなり旨かった!
今回で一番おいしかった。
コムソはパスタがおいしいお店なのでしょうか?
同行者も絶賛してました。

DSCN0676.jpg
本日のメインが来ました。「明石産 鯛のポワレ」です。
メイン料理でお魚を頂くのは久しぶりですが、あっさりながらも油の乗った鯛でソースと絡めておいしく頂きました。

写真は撮るのを忘れてしまいましたが、この後ドルチェとドリンクを頂きました。
ドルチェは「紅玉りんごのタルトと栗のムース」でした。
栗のムースむっちゃうまい。
ドリンクは紅茶・コーヒー・エスプレッソから選択できコーヒーを頂きました。
コーヒーはごく普通だったかな

■今回は2,835円の一番安いコースを頂きました。
それぞれの料理のポーションは少な目ですが、これだけいろいろな料理を少しずついただけるのはうれしいですね。
女性に人気がありそうです。
料理は段取りよくどんどん出てくるし、ホールの個性的なおにいさんもいい仕事してはります。
お店の雰囲気もシックで落ち着けていい感じです
パスタがおいしかったんで、今度はランチでパスタランチを頂きたいです。

平日の夜に予約せずに訪問しましたが、店内はほぼ満席。
週末は予約しておいたほうがよさそうです。

レストラン&バー COMUSO(コムソ)
TEL:06-6626-3226
住所:大阪市阿倍野区松崎町3-6-2
営業時間:11:30~14:00 18:00~23:00
定休日:月曜、第2日曜



大きな地図で見る

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

タグ : 天王寺・阿倍野・寺田町・鶴橋

『讃岐うどん工房 かどっこ』-ほっこりできる素朴なうどん屋さん@東住吉区

あっさりしたものが食べたくなり、久々にこちらのうどん屋さんにお邪魔しました。
画像 002

本場の讃岐うどんにも負けないおいしいうどんを食べさせてくれる『讃岐うどん かどっこ』さんです。
香川県丸亀市の「凡蔵」で修行した大将が開店したお店です。
仕事帰りに東部市場駅で下車し、今里筋をトコトコ歩くこと20分。交差点の角にかどっこさんがありました。
最寄り駅は、近鉄南大阪線の今川という駅のようです。
今川駅からなら10分もかからないくらいの場所にあります。

平日の午後8時ごろにお邪魔しましたが、先客は誰もいませんでした。
ラッキー 人のよさそうな大将が出迎えてくれます。

メニューはこんな感じ。
画像 003 画像 004

どれにするか迷ったんですが、最初に目についた『ちく天讃岐うどん』500円を注文!
画像 006
10分ほどで熱々のうどんが出てきました。
トッピングはねぎ、わかめ、かまぼこ、ちく天とシンプルです。
まず出汁を一口いただきます。

うーん。出汁むっちゃうまい!
なんというか、ダシがすごく効いていてほっこりできるやさしい味。
やさしい味やけどしっかりした味。

うどんはもっちり系ではなく、エッジの効いた腰のあるタイプです。
相変わらずうまい!
ちく天もホクホクであっさりまったり。

疲労気味の胃袋にやさしいうどんでした。

画像 008
次は、しっぽくか釜玉うどんを頂きたいです。

■讃岐うどん工房 かどっこ
住所:大阪市東住吉区今川4-18-12
電話:06-6701-8980
営業時間:11:00~15:00、18:00~21:00
定休日:日曜日



大きな地図で見る

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

タグ : 天王寺・阿倍野・寺田町・鶴橋

古譚 阿倍野店-昔からあるなんとなくうまいラーメン

画像 006
仕事でちと遅くなったので、簡単にラーメンでも食べて行こうと思い天王寺のアベノ地下街にある
『古譚(こたん) 阿倍野店』によって来ました。

古譚(こたん)は私が高校生の時から利用させてもらっているラーメン屋さんです。
特別旨い!ってことはないんですが、結構うまい。そこそこ旨いお店です。

どこかのブログで古譚の記事があって懐かしくなったのでお邪魔しました。
結構遅い時間にいったのですが、ほぼ満員でした。
カウンター主体のお店で、かろうじて空いていたカウンターに滑り込みました。
注文は『ぎょうざラーメン(しょうゆ)』に決めていたのですが、メニューも見ました。

画像 004 画像 005

結構良心的な価格設定です。
やっぱし『ぎょうざラーメン(しょうゆ)』670円を注文!
どなたかのブログで、「ぎょうざは別皿で」って頼んでたので私も頼みましたが断られました。
たぶんブログみて同じように頼む人がいっぱいいたんでしょう。ちと残念。

5分と待たずにラーメンが来ました。
画像 008
ぎょうざラーメンは、古譚ラーメンにぎょうざが4つトッピングされています。
ぎょうざ4つでプラス90円ですからお得感いっぱいです。
麺はやや太めのストレート麺。
チャーシューも特別旨いわけではないですが、けっこういっぱい入ってました。
スープは薄すぎない適度な濃さのライト豚骨です。

このスープは高校生のときから変わってないですね。
安心していただけるラーメンでした。
ぎょうざも餡がたくさん入っていて美味しかったです。

■平日の遅い時間にもかかわらず、どんどんお客さんが入ってきてサッとラーメンを食べていかれます。
カウンター主体のお店で、女性でも1人で入れそうな雰囲気ですね。
気軽に入れて、普通においしいラーメンが食べれる貴重なお店です。

■古潭 阿倍野店 お店のホームページ
住所:大阪府大阪市阿倍野区堀越町アベノ地下街
電話番号:06-6772-9528
営業時間:11:00~21:30
第3火曜日休み

タグ : 天王寺・阿倍野・寺田町・鶴橋

Mon-ami(もなみ)-安心して食べれる旨い洋食屋さん@谷町6丁目

お店の前を通るたびに行列で諦めていた、谷町6丁目の空堀商店街の中にある『洋食の店 もなみ』のランチにようやく行ってきました。
画像 014

こちらのお店は、もともと神戸にあったんですが阪神大震災でお店が潰れてしまい、大阪の谷町6丁目に引越しして来たそうです。
口コミでどんどんお客さんが来るようになって、いつも行列が出来る有名なお店になっています。

開店時間の10分ほど前にお店の前を通ると、すでに店内にお客さんがいるのでお邪魔しました。
店内はカウンター10席ほどと、4名テーブルが3つ。2階にも席があるようです。
やはりこの店もハンバーグが旨いと評判なので、メニューは決まっていたんですが一応確認。

画像 001 画像 005
↑クリックででかなります。

ランチメニューはハンバーグ、ステーキ、エビフライを中心としたものでメニュー構成はシンプル。
やはり最初から決めていた、『ハンバーグ&海老フライ2匹』930円を注文!

ずっと前にどこかのブログで見たときは、確か800円くらいだったような気もしますが、この不景気&材料価格高騰の時代に割安な価格で頑張っているようです。

カウンターに座ったのですが、丁度ハンバーグを焼く鉄板の前だったので焼いている様子がよくわかりました。
お店の大将(マスター)が手際よくハンバーグを焼き始めます。んで下準備をしていたエビフライをフライヤーに投入!うーん 出来上がるのが楽しみです。

画像 004
最初にカップスープをおばちゃんが持ってきてくれました。
ちっちゃいカップですが、体が温まります。
この店のホール担当の方はほぼおばちゃんばかりなので、落ち着きます(笑)

しばらくして、『ハンバーグ&海老フライ2匹』930円が来ました。
画像 010
でっかいハンバーグにエビフライが2匹。その後ろにはトマトやレタスなどのサラダが隠れています。
ご飯も男性用にデフォルトで大盛りです(笑)

画像 012
ハンバーグは厚さは薄いもののすごいボリューム。
しかもこのハンバーグ、やわらかくてジューシーですげー旨い!!
もともと神戸のお店で、神戸牛を使っているそうですがいい肉を使っているんでしょう
またかかっているソースがフルーティでめちゃうまでした。

海老フライもなかなかの大きさで衣がサックサクでプリプリで旨かった。
ご飯も大量にありましたが、最高のおかずでどんどんご飯が進みます。
無心で食べて一気にいただきました。

あぁー おいしかったー 満腹やー

■途中、お店の大将が声を掛けてくださいました。
こんな有名なお店のマスターが私などに声を掛けてくれて、少し話しができてうれしかったです。

開店前に伺ったので、先客は1組だけでしたがその後、どんどんお客さんが入って来ます。
すごい勢いです。
お店のマスターはそれを見越してか、フライング気味にハンバーグを焼いていきます。
その見事な手際のよさに感心しながら眺めていました。
まさしくプロフェショナル!かっちょえー
画像 013

「もなみ」さんご馳走さまでしたー!

■店内はカウンターとテーブル席が3つほど。
席の間隔はせまく、長い時間はゆっくりできませんがお手ごろ価格で美味しい料理がおなかいっぱい食べれます。
人気があるのもうなずけます。
絶えず行列が出来る店なので、待つことは覚悟して行きましょう。
お店のマスターも気さくそうな方です。

■洋食の店 もなみ  
住所:大阪市中央区谷町6-3-14
谷町6丁目駅徒歩3分くらい
電話:06-6763-1129 
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00
定休日:月曜日 



大きな地図で見る

タグ : 谷六・谷九・上本町・玉造・京橋

『三ツ島・更科』-熱旨カレーうどん@門真市

いろんなブログで紹介されていて、いまさら紹介するまでもない有名なうどん屋さん(そば屋さん?)門真市の三ツ島にある『更科』に行ってきました。←現在は屋号を『三ッ島 真打』に変更されました。

門真市という場所は自宅から微妙に遠い場所で、前々から行きたいと思いながら行けませんでした。
今回は天気もいいのでドライブがてら、お昼にお邪魔して来ました。
画像 011

開店直後の11時40分頃に到着。
この時にはまだ行列は出来ていなく、なんとかすぐに座れました。
店内はほぼ満席。平日の開店直後なのにすごい人気です。びっくり。
私が帰る12時過ぎには、ご覧のとおり何人か外で待っていました。
店内でも何人か待っています。

お店に行く前からメニューは決めていたのですが、一応メニューをチェックします。
画像 002 画像 003
↑クリックで拡大しやす

魅力的なメニューがいっぱいですが、初志貫徹。
この店はやはりカレーうどんが人気と聞いていたので、『温玉とり天カレーうどん』900円を注文!
周りのお客さんをじろじろと見てみるとフムフムやはりカレーうどんを頼まれている方が多いですねー
でもコロッケ定食とか、ぶっかけうどんにまいたけ天をトッピングされてるお客さんもいてはりました。

10分ほど待ったでしょうか『温玉とり天カレーうどん』900円が来ました。
画像 007
おおー思ってたよかすごいボリュームです。
量は期待してなかったんですが、おなかいっぱいになれそうです。
カレーうどんには、ごはん小がついて来ます。
どうやって食べようか楽しみです

画像 006
なみなみとカレールゥが入っていて、とり天が3つとねぎ、温泉卵がトッピングされてます。
レンゲでカレーの出汁を頂きます。
うーん これは適度にスパイスが効いていて、すげー旨い!辛さも個人的に丁度いい辛さです
うどんは少し太めで、すごい腰あるタイプではなくもちっとした感じでうみゃい!
はっきりいって、今まで食べたカレーうどんで一番旨いです。

びっくりしたのが、とり天です。3つ入っているんですが1つがすごいデカイです。
写真ではわかりにくいかもしれないですが、子供のコブシくらいありそうで箸で持ち上げるのも一苦労なほど。すごいボリュームです。
画像 009

あとカレーうどんってことで、多少熱いのは覚悟していたんですが思ったよかスパイスの効いたカレー出汁だったからか、適度な辛さだったからかわかりませんが、すごい熱くて滝のように汗をかきました。
相席になった隣のお客さんも、鬼のように汗をかいています(笑)

感覚としては、熱い・旨い・熱い・汗拭きといった感じで、流れる汗を拭きながら水を飲みながらこのボリュームいっぱいのカレーうどんを頂きました。
うどんの量もかなりあったように思います。

画像 010
滝のように吹き出る汗と格闘しながら、ようやく麺を食べ終えました。
そして意図的に残しておいたごはんをカレー出汁のなかに投入!(とり天も1個残してました)
出汁に絡めていただくと、うま~い!
一気にご飯を頂いて完食です。おなかいっぱい。

『三ツ島 更科』さんご馳走さまでした!

■いまさら言うまでもなく有名なお店です。
カレーうどんはボリュームたっぷりで、出汁は適度にスパイスが効いていて太めのもちっとしたうどんによくからんでおいしいです。
お昼時は並ぶことも覚悟しましょう。でも並んで食べる価値ありあり。
今回はカレーうどんで、うどんのよさがわかりにくかったので今度はカレーうどん以外を食べたいです。
あと自分が汗かきな人間だったことを久しぶりに思い出しました(笑)

■三ツ島 更科
住所:大阪府門真市三ツ島772-3
TEL 0720-84-4250
営業時間:11:30-15:30 17:00-22:00
休み:月曜日
駐車場:あり(15台ほど)



大きな地図で見る

タグ : 門真市・守口市・寝屋川市

新福菜館-どこかなつかしい醤油ラーメン@kiki京橋

5.6年ほど前、グルメにほとんど興味のない私がふらっと入ったラーメン屋さん。
それは「新福菜館」というラーメン屋さんだったと記憶しています。
大阪の和泉市に以前あった新福菜館は今では守口店でしか食べれませんでした。

が、11/28に京橋にオープンしたKiKi京橋の中に新福菜館が入っている情報を入手!
さっそく食べに行ってきました。

JR京橋から徒歩5分ほどにKiKi京橋がありました。
画像 013

以外とこじんまりしてます。
新福菜館は1Fで、すぐに見つかりました。
画像 011
見知らぬ女性が写りかけてますが、気にしない方向で・・・

店内は厨房の周りがカウンター席になっていて、20席ほど。
カウンターの外側に2人かけテーブル席が4つほどありました。
平日の7時過ぎですが、ほぼ満席。
食券制なので、食券を購入してカウンター席へうまくすべりこみました。
お店に入ると店員の元気な声が聞こえてきます。

カウンター席にもメニューがありました。
こんな感じです。
画像 002 画像 004
メニューはシンプルで中華そばとやきめし、そしてトッピング類です。
今回はAセット(中華そば+やきめし小)900円を注文!

画像 008
しばらくして中華そばが来ました。
やっぱしかなり黒いです。なつかしぃー色です。
スープを一口いただくと、やっぱし昔に食べたスープの味がしました。
かなり濃いことは濃いんですが、麺に絡まってうまい!

ねぎやチャーシュー(というか脂身たっぷりの豚肉の薄切りといった感じ)も普通の中華そばなのにかなりタップリ入っているのはうれしいですね!

画像 006
やきめし小です。見た目かなり濃そうなんですが、以外にあっさりしてます。
普通にうまいです。

画像 010
麺のアップもとってみました。
中太のストレート麺ですが、濃いスープによくからみます。
麺も黒くなっています(笑)

■以前に食べた中華そばがすごくおいしかった記憶があり、すごく期待していました。
食べてみた感想は以外と普通でしたが、やっぱし独特のスープによく絡む中華そばはうまいです。
何より守口まで行かないと食べれなかった新福菜館のラーメンが京橋で食べれることがうれしいですね!
ここのラーメンは中毒的に食べたくなるので、また中毒症状が出たら食べに行きたいと思います

■新福菜館 KiKi京橋店
住所:大阪府大阪市都島区東野田町1-6-22 kiki京橋1F
電話番号:06-4801-8107
営業時間: 11:00~23:00(LO22:30)
席数:29席



大きな地図で見る

タグ : 谷六・谷九・上本町・玉造・京橋

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。