スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『十八楼(じゅうはちろう)』での晩御飯・旬彩

こんにちは。ぎゅうにゅうです。
岐阜旅行ネタの第三弾です^^;

今回泊まった「十八楼(じゅうはちろう)」での晩御飯です。
この旅館はそれほど高級旅館という訳ではないのですが、お部屋もキレイで広かったですし、部屋に露天風呂があったりとなかなかのお宿でした。

晩御飯は別部屋の個室で頂きました。
こんな感じです。
画像 001

上の紙をどけると...
画像 006
おぉーいろどりキレイ!豪華な感じです!

献立があったのでアップします。
旅館でのご飯で献立があるのは初めてです。
画像 017
すごい品数ですね。期待できます。
岐阜というと、山菜とか川魚とかのイメージなのですが、そんなこともないようです。
ちゃんと海の魚もありました^^;
難しい漢字ばかりの献立で理解するのに苦労しました。

画像 003
やはりお楽しみはお肉ですね!
岐阜といえば飛騨牛。おいしそうー

画像 004
写真右下が食前酒です。右上が前菜で、左上が口代り、左下がお通しです。

画像 007
前菜です。川魚の焼いたものや海老の素揚げしたもの、河豚の煮凝りや、お寿司などなど
いろどり鮮やかでとてもキレイです。どれも上品なお味でおいしゅうございました。
こういうところで食べると、普段苦手なものも食べれてしまいますね。

ビールを頂きながら、バクバク頂きます。松茸がけっこうふんだんに使われていてうれしいです。
今年の初松茸です。
そして頃合を見て、飛騨牛を頂きます!
画像 012
なかなか焼けないので、半生状態で待ちきれず頂きました。
脂の旨みとほどよいやわらかさでめっさうまい!
この肉を腹いっぱい食べたいですなぁ

料理はこれだけではございません。
画像 010
お吸い物と、お造りがきました。
この吸い物の中にも松茸を発見!お刺身も新鮮でおいしいです。

続いては焼き物です
画像 011
3種出てきました。秋刀魚と鯛と・・・ うーん何の魚かよくわからんがとりあえずうまかった(笑)

結構おなかいっぱいですが、次は煮物です
画像 013
これもよくわかりません。
おそらく魚のすり身に、銀杏や豆なんかを煮たものです^^;
これも上品な同じでおいしかった。

最後にご飯物がきました。画像 014
鮎雑炊です。お魚のダシが出ていてあっさりウマーでした。

〆にデザートで洋ナシのジュレを頂きました。
画像 015

どれもこれも彩り鮮やか、上品な感じで見た目もお味もおいしかったです。
ボリュームもちょうどほどよくお腹一杯な感じで十分でした。
旅館でまったりおいしいご飯を食べれるって幸せですなぁー

十八楼さん、ご馳走様でしたー!

■十八楼(じゅうはちろう) ホームページ

スポンサーサイト

タグ : その他・他府県

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。