スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『陳麻家(チンマーヤ)』-ランチオーダーバイキング@寺田町

※残念ながら閉店しました。

わたし、大好きなんです。

バイキング!

ついつい食べ過ぎてしまうんですが、たまーに行きたくなります。

今回は『陳麻家・寺田町店』でランチオーダーバイキングをやっているという情報をどこかのブログでゲットしたので、さっそく行ってきました。
陳麻家はいろんなとこにある中華料理のチェーン店で坦々麺や陳麻飯が有名ですよね。
一度は行ってみたかったので、ちょうどよかったです。

場所はJR寺田町駅を下車し、徒歩1分といったところです。
画像 005

「がっつり食べてがっつり飲める」
すばらしいフレーズです(笑)

少し前にお店のオーナーが変わったようで、ランチオーダーバイキングもはじめたようです。
私の知っている限り、ランチオーダーバイキングをやっているお店は寺田町店だけです。

1時過ぎに訪問!
店内はそれほど大きくありません。ほぼ満員でした。
テープル席になんとか座れました。まわりを見るとみんなバイキングのようです(笑)

画像 006
14種類のバイキングメニューが60分間、何度でも注文できるという魅力的なシステム!
しかもたった880円。こりゃいっぱい食べねばなりません(笑)

まずは『坦々麺ハーフ』『陳麻飯ハーフ』『極上小籠包』『温野菜の塩だれサラダ』をドーンと注文!
画像 008
まずはこちらの看板メニュー『陳麻飯ハーフ』が来ました。
辛ければ甜面醤(テンメンジャン)を入れて下さいね。と説明をうける。
一口頂く。うーん辛い マーボー豆腐とは少し違った味付けですが、私には辛いようです。
甜面醤(テンメンジャン)を大量投入!
まろやかな味になりおいしく頂きました。
しかしこのボリュームでハーフって普通サイズはどんなんやねんと思いました。

次に『極上小籠包』『温野菜の塩だれサラダ』が来ました。
画像 015

画像 014
『極上小籠包』は結構本格的な感じで湯気立ちまくりです。
熱いうちに頂くと、中から肉汁がじゅわーと大量に出てきます。
あやうくやけどするところでした。

『温野菜の塩だれサラダ』は、みずみずしさの残っているたっぷりの野菜になんともいえないうまみのある塩だれがからまって、あっさり旨かった!

そして最後に来たのが『坦々麺ハーフ』が来ました。
画像 011
普通の坦々麺かと思っていたんですが、これが予想以上に旨い!
というか私のもろ好みの坦々麺でした。
甘めのスープでココナッツの風味が広がります。
細めのストレート麺によくからんで、甘めの肉そぼろもおいしい。これは個人的にストライクの坦々麺でした。

で・・・

これで終わるわけではありません。
注:わたしはテラメシの人ではありません。普通の人です。

ホールのおねーさんを呼びとめ2回目の注文!
画像 016
あまりにも旨かったのでまた頼んだ(バカ)『坦々麺ハーフ』と『肉そぼろごはん』です。
やっぱし坦々麺うまいーです。
肉そぼろごはんも肉そぼろがたっぷりで、うまい!

あと一緒に注文した『鶏の唐揚げ』です。画像 018
これはもも肉になるんでしょうか?もう少しジューシーさがほしいところ。
普通にうまかったです。

最後にデザート『杏仁豆腐』を頂きます
画像 019


私がランチタイムの最後のお客さんになったので店内の写真をパチリ!
画像 023

■店内は中華料理というより、居酒屋さんといった雰囲気。
4人かけテーブル×3、6人テーブル×1、2人テーブル×2といった感じで、それほど大きくありません。
ランチタイムは近所のサラリーマンなどに人気のようです。
バイキングメニューとは言え、特に手を抜いているわけではなく、通常の料理が出てきます。
60分という制限はありますが、これだけの料理が食べれて880円はかなりコスパ高いです。
ビンボーサラリーマンにはありがたいお店です。
また機会があれば、エビチリやぎょうざボール、塩ラーメンなどの未食のメニューも食べたいです。

おなかいっぱいになりました。
陳麻家さん、ごちそうさまでしたー!

■旨辛至福研究飯店 陳麻家(チンマーヤ)寺田町店
住所:大阪市生野区生野西2-1-35
電話番号:06-6741-2440
営業時間:11:00~24:00(ランチオーダーバイキングタイム11:00~14:30)
年中無休



大きな地図で見る
スポンサーサイト

タグ : 天王寺・阿倍野・寺田町・鶴橋

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。