スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOCCIO(ボッチオ)@南船場-ガッツリ激うまイタリアン

今回は南船場にある『BOCCIO(ボッチオ)』に行ってきました!実はお店の名前は知っていたのですが、どんなお店かはまったく知りませんでした。ブログで調べてみると、結構有名なお店のようです。
DSCF0079.jpg

DSCF0078.jpgDSCF0065.jpg

夫婦お二人で切盛りされていて、シェフはイル・チプレッソ出身で、北イタリア・ピエモンテでも修行された地頭方貴久子さんで、ラ・トォルトゥーガ出身のソムリエ地頭方範宏さんがホール担当をしてらっしゃいます。

南船場2丁目という情報だけを頼りにお店を探すと、運良く「BOCCIO」の文字が。
Life&Designビルの2Fにあります。
店内はカジュアルな感じでリラックスできる雰囲気 いい感じです。2 人がけテーブル×4と4人テーブル×2ほどでこじんまりとしています。平日でしたが私達が到着してしばらくすると満席になりました。

DSCF0067.jpg
まずはスパークリングワインで乾杯です。ここは飲み物のメニューはなく、ホール担当のご主人が客の好みを聞いてチョイスしてくれます。ワインもかなりの種類があるようです。

この店は結構ガッツリ系ということで、どのくらい注文するのか迷いました。ディナーはアラカルトのみのようです。ホール担当のご主人に聞くと、二人なら前菜・パスタ・メインで4皿位とのこと。
今回はパスタをたくさん食べたい気分だったので、前菜1・パスタ2・メイン1にしました。

DSCF0068.jpg
前菜は【つぶ貝、ホタテ貝柱と2色のアスパラの温製サラダバーニャカウダソース】1890円です。大きめにカットされたさまざまな野菜がしゃきしゃきしていておいしいです。ガーリックたっぷりのしっかりした味付けのソースでした。【庄内豚の田舎風パテ】1050円も食べたかったのですが、今回は断念。

DSCF0070.jpg
フォカッチャが来ました。頼んでいないのですがサービスでしょうか?ちょっと謎です。ホクホクで前菜やパスタのソースにからめて食べました。おいしい!

DSCF0072.jpg
パスタは2種注文!まずは【リングイネ 淡路のハモと新玉ねぎ、ドライトマトとオリーブのソース】1500円位?です。熱々で出てきました。匂いからして美味しいとわかりました。速攻で写真をとって食べました。さまざまな食材を絡めたソースにリングイネという少し細めのパスタがよくからまって、

一気に完食です。ソースもきれいにいただきました

DSCF0075.jpg
パスタその2です。【ジャガイモのニョッキ、自家製ソーセージのラグーソース】1470円です。これも熱々で来た瞬間から旨そうです。期待が高まります。
食べてみると、意外にあっさりしていて

(゚Д゚)ウマー! (゚Д゚)ウマー!

この時点でかなり満腹だったのですが、奪いあうように一気に完食です。しかしすごいボリュームです。メインが食べれるか心配です(笑)

DSCF0077.jpg
メインは【山形 庄内豚ロースのグリル】2500円ほど。どうですかこのビジュアルとボリューム!脂身がかなり多かったのですがジューシーでしっかりした味付けでおいしかったー。ワインが進みそうです。
おなかいっぱいながらも一気に完食しました。

食後のドルチェと珈琲をたのもうかと思ったのですが、あまりにもお腹いっぱいで断念。
あまりのおいしさに感動しました。特にパスタは絶品!ほかのパスタもはやく食べたいです。

■ まったくノーマークのお店だったのですが、大満足のディナーでした。前菜×1・パスタ×2・メイン×1にスパークリングワイン×2で10000円弱。これだけの料理が食べれればお安いと思います。またこのお店は平日でも夜12:00まで営業しているので、夜遅いときに重宝しそうです。

■店内の雰囲気は割とカジュアルで、ワイワイにぎやかな雰囲気です。ホールのご主人、シェフの奥さんもテキパキ仕事をしていて非常に好感がもてます。
やはり人気店のようなので、予約は必須です。
ただ平日の遅い時間であれば、予約なしでも大丈夫かもしれません

BOCCIO(ボッチオ)さんありがとうございました!


■BOCCIO(ボッチオ)
住所:大阪市中央区南船場2-2-21 Life&Designビル2F
電話番号:06-6260-0055
営業時間:12:00~14:00 18:00PM~24:00(金・土曜~翌2:00)
休日:水曜日定休



大きな地図で見る
スポンサーサイト

タグ : 心斎橋・本町

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。